春ときどき嵐・・・そしてエレベーター

昨日から今日にかけて全国的に春の嵐と騒がれている

春の嵐 または メイストーム(5月の嵐)とは
日本付近に北から入り込んでくる冷たい空気と南から流れ込む暖かい空気がぶつかりあって
上昇気流が生まれることで、温帯低気圧が急速に発達することが発生原因

台風並みの暴風や猛吹雪、海岸では高波となることもあるらしいので注意が必要ですね

今日はそんな雨風吹き荒れるときに起きたエレベータでの話

いつものように朝ごはんを食べ会社へ向かう
いつものように電車に乗り込むが雨と人込みのせいで車内は蒸し風呂状態
(満員電車ってほんとなんとかならんもんですかね)

会社が入っているビルにつきエレベータのボタンを押して到着を待つ
(他社も入っているビル)

エレベータを待っているのは私ひとり
そしてエレベータが到着した

私が乗り込み行先の階へのボタンを押す
そして「閉」ボタンを押す

4分の1ほどエレベータが閉まりかかったその時
「・・まーす」、「・りまーす」、「乗りまぁぁぁぁす」と何度かおばちゃんの叫ぶ声が

<補足>
エレベータは通路奥まった死角にあるため、人が来てるか目視確認はできない状態

私は「開」を押そうとした
その時・・・

ガンッ

と何かがぶつかる鈍い音が鳴った
おばちゃんは閉まりかかっているエレベータの入り口に持っていた傘を押し込んできたのである
傘の先から水滴がエレベータ内の床へ滴り落ちる
おばちゃんのパワーに負けたエレベータはゆっくりと開いていく

何食わぬ顔でエレベータに乗り込むおばちゃん
そして「あー良かった良かった」と一言

そんな強引にやらなくても開けましたし、
今回はエレベータ内が私一人だったから何事もなかったけど、
朝のエレベータって結構いっぱい人が乗り込むもの
そこに傘を強引に差し込んで、乗っている人に当たりでもしたら大変なことに

「良かった」じゃ済まされない出来事にもなりかねない
朝ってバタバタしがちですが余裕をもって行動したいものですね
(雨の日は特に)

お菓子は・・・・・・

これはとある日に行った耳鼻咽喉科での話


1か月ほど鼻づまりが続き、どーにも我慢ならなくなり病院へ
症状としては風邪ひいたときによく併発するあれですあれ

午前の診療開始時刻より少し前にネットにて予約を行う
ポチポチして予約登録を行う・・・

が油断した
もう37人ほど待ちが発生している(1時間30分後予定と表示)
仕方なくしばし自宅にてまったり過ごす

ネット普及により便利になったものですね
もし窓口受付でこの無駄な時間を院内で待つとなるとそれだけで体調悪くなりそう

待つこと1時間ほど・・・
状況確認をすると待ち人数が8人程度となる

病院へ向かい受付を済ませると、ほどなくして呼び出しがかかり診察室へ
予想通りの診察結果なのでさほど時間もかからず終了

病院によっていろいろあるのかもですが、
診察のあとに鼻から煙を吸引するやつのところへ移動
(診察場所の隣)

吸引していると次の患者さんが通されて診察が始まった

先生)今日はどうされましたか
母親)子供がごはんを食べている時にたくさん口に入れすぎて喉に詰まらせてしまったみたいで・・・
母親)それから喉が傷ついたのかごはんを全然食べてくれなくなったんです

ほうほう、と聞き耳を立てる私

先生)そうですか。少し喉を見させてもらいますね
先生)特に腫れてたり傷ついてたりはしていないようですね
先生)ごはんは全く食べませんか
母親)以前に比べてあまり食べてくれないんです、心配なんです

先生)なるほど・・・・・・

先生)じゃあお菓子とかこの子が好きそうなものもやっぱり食べませんか
母親)お菓子は・・・

よく食べます!!(ドヤ)


先生、私)ん?んん?笑

~~しばしの沈黙~~
その場に居合わせた人はきっと書くまでもなく同じことを思ったことでしょう
(これを読んでるそこのあなたもきっと)

先生)それなら精神的なものですので暫くしたら食べてくれるようになると思いますよ(笑)
母親)そうですか!安心しました!ありがとうございました!

とスタスタと子供を連れて診察室を出ていかれました

昔に比べて些細なことでも病院に行く人がきっと増えてるんでしょうね
何かあってからじゃ困るし、それで安心を得られるのであれば良いと思います

他人の子供なので客観的に見てしまいましたが、
もし自分の子供が同じ状態になったら連れて行っちゃうものなんでしょうね(笑)

子供の変な癖について

長いこと更新をしてない間に2人の子供(現在2歳、0歳)が誕生してます

今日は上の子のちょっと変わった癖についての話

子供の癖と聞いてパっと思いつくのがやっぱり指しゃぶりだと思いますが、
うちの子はほとんどしませんでした
また子供は好奇心が旺盛なのでとりあえず手当り次第触って、
口の中に入れるなんて場面はよく見かける光景だと思います

きっと生活環境だったり個性だったり、
いろんな要因が重なり合って子供の行動に結びつくのだと思います

さて話を戻しますが変わった癖というものが2つあります

①下唇を吸う
遊んでいるときはほとんどしませんが主に眠くなってくると発動
騒いでたと思ったら突然静かになりチュッチュと音が聞こえてきます(笑)
上唇しか見えない状態

②ひじをつまむ(両親限定)
どこでもいいわけではなくとにかく肘を好みます(笑)
また自分の肘ではダメみたい
他人が肘を差し出してもあまり興味を示しません

どちらも寝かしつけるときに必ず発動するのですが、
②に関しては夜中ちょっとグズった際にスッと肘を差し出すと、
つまみながらまたおとなしく眠りについてくれかなり重宝しております
ただ自身も寝ながらなのでかなりツライ体勢で自分の肘を献上する場合もある為、
長時間続くとかなり困ります
そして成長するにつれてつまむ力がドンドン強く・・・
唯一の救いが肘を好むため強くされてもそこまで痛くないこと

変わった部分で成長を感じ取れて嬉しい反面複雑な心境です(笑)

こーゆー癖は成長すれば自然と無くなるといわれていますが、
ほんとに直るのか親として少し不安なとこではありますね

とりあえず肘を出す必要がある為、今年の冬までには直ってくれてるといいなぁ

Designed by Akira.

Copyright © ♪まったりブログ♪ All Rights Reserved.